都市縮退シンポジウム2017 を開催します。《6月25日(日)14:30-@工学部14号館141講義室》


 
都市縮退シンポジウム2017
「縮退を超えて:人口減少時代の都市計画」

「都市縮退時代のプランニング手法」をテーマに、都市縮退の現場と向き合う研究者を招き、米国中西部や国内地方都市における最新の取り組みを踏まえ、人口減少時代の都市計画技術について議論します。

■日時:2017年6月25日(日) 14:30 - 18:25(参加無料/申込推奨/当日参加可)
■場所:東京大学(本郷キャンパス)工学部14号館141講義室
■申込 ※申込頂いた方へ当日発表資料を配布します(事前申込を推奨します)。
Google Form:https://goo.gl/forms/8giINJHb8vKwCNqI2
メール        :urban.shrinkage[at]gmail.com  ※[at]を@に置き換えて下さい。
      (①お名前②所属③メールアドレスを明記して送付して下さい)

ポスター(PDF)はこちらから


<シンポジウム詳細>
−−
はじめに:
  ・黒瀬 武史(九州大学大学院・准教授/当日司会)

第Ⅰ部:日米の都市縮退の現場から(各講演者からのプレゼンテーション)
 ①米国中西部:
  ・清水 陽子(関西学院大学・准教授)
  ・藤井 康幸(みずほ情報総研株式会社)
  ・矢吹 剣一(東京大学大学院・博士課程)
 ②日本国内の地方都市:
  ・志賀   勉 (九州大学大学院・准教授)
  ・山田 知奈(株式会社 日建設計)

第Ⅱ部:全体討議
 ①問題提起「日本の都市計画の現場から」
  ・村山 顕人(東京大学大学院・准教授)
 ②パネルディスカッション
  ・上記の5名に村山准教授・黒瀬准教授が加わり議論します。
−−
※閉会後に1階ホールで簡単な懇親会(無料)を予定していますので、是非ご参加下さい。

主催:九州大学大学院 人間環境学研究院 都市・建築学部門 都市設計研究室
協力:東京大学大学院 工学系研究科 都市工学専攻 都市デザイン研究室・都市計画研究室

 

東京の駅前広場は「ひろば」か? まちの顔となる場の風景を考える

 近年、歩行者のための都市空間の回復がまちづくりの主要な課題になっています。東京でも、駅前の再開発などにともなって、歩行者専用の広場空間が生み出される例も増えてきています。こうした駅前広場が、単に機能的な交通広場ではなく、本当の意味での「ひろば」、美しい東京を象徴する場として育っていく可能性はあるのでしょうか?
 2017年度の美しい東京都をつくる都民の会シンポジウムでは東京の駅前広場を題材として、まちの顔となる場の風景がどうあるべきか、皆で考えていきたいと思います。

・基調講演
「豊かなアクティビティを生む公共空間デザイン」
鈴木俊治さん(芝浦工大教授/ハーツ環境デザイン主宰)

・話題提供
「山手線の駅前広場の現状と改善アイデア 東大まちづくり大学院のスタジオ成果の紹介」
中島直人(東大准教授・当会会長)
「それぞれの駅前広場風景考」
当会運営委員

日程:6月3日(土)14時~16時30分
会場:東大工学部14号館2階222号室(アーバンコモンズ)

申込先
・email:tominnokai.2001@gmail.com
・Fax:03-5841-8292(美しい東京を作る都民の会事務局)
・参加費無料、5月31日申込締切

主催:美しい東京をつくる都民の会(https://www.facebook.com/BeautifulTokyoSociety/)

2017年度プロジェクト報告会開催します!!!《4/20(木)17時-19時 @工学部14号館222》(申し込み不要・参加費無料)

毎年4月に行う、地域デザイン研究室・空間計画研究室・都市デザイン研究室の3研究室合同のプロジェクト報告会が、今年も開催されます。

プロジェクト報告会では、3研究室それぞれが日本全国各地の地域に入って行っている研究・まちづくり・調査活動であるプロジェクトの報告を行います。

開催日時:4/20(木)17:00-19:00(申し込み不要、入退場自由)

場所:工学部14号館222教室(アーバンコモンズ)

詳しくはポスターを参照してください

研究室を迷っている学部4年生以下も、他学部他学科の人も、外部から進学を考えている人も、だれでも参加できます。

もちろん、参加費も無料なので、お気軽にご参加ください!