ポートレート

永野真義助教
Masayoshi NAGANO

出身

大阪府大阪市

■ 略歴

1986年大阪府大阪市生まれ。大阪星光学院中・高卒、東京大学工学部都市工学科卒、同大学院工学系研究科都市工学専攻修了。2011年4月より株式会社日本設計 建築設計群にて勤務。公共施設の基本計画・実施設計の他、都心大規模開発プロジェクトや超高層オフィスビルのリノベーションプロジェクトを主に担当。
2016年8月より東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻都市デザイン研究室特別助教、2017年6月より同助教。2016年「木材を使った家具のデザインコンペ2016」銀賞、2017年「第19回まちの活性化・都市デザイン競技」国土交通大臣賞受賞。
2016年より建築家・池田武邦の終の住処「邦久庵」の保存活動に取組み、2017年5月より一般社団法人邦久庵倶楽部代表理事。
共著に『商売は地域とともに-神田百年企業の足跡』(東京堂)。一級建築士。


■ 受賞

2013年10月
U30都市計画-設計提案競技 2013 復興デザイン -静清計画2013を考える-
主催:東京大学復興デザイン研究体
最優秀賞 「Infrastracture for you」
永野真義・菊地原徹郎・堀諒平・宮崎恵子・横瀬寛隆(株式会社日本設計として)

2016年10月
木材を使った家具のデザインコンペ2016
主催:フレーズクレーズ
銀賞 「もくばんプロジェクト」
永野真義

2017年1月
第19回まちの活性化・都市デザイン競技
主催:都市づくりパブリックデザインセンター
国土交通大臣賞受賞 「街郭をわたす楔」
三文字昌也、永野真義、神谷安里沙、田中雄大、籔田航平


■ 作品

日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業A・C街区(日本橋高島屋S.C.・太陽生命日本橋ビル)基本設計・実施設計(2011-2016)※株式会社日本設計として

越谷貨物ターミナル駅配送センター 基本設計・実施設計(2015-2016)※株式会社日本設計とし

新宿三井ビルディング車寄せ改修 基本設計・実施設計(2014-2016)※株式会社日本設計として

手賀沼水の拠点整備事業(手賀沼フィッシングセンター外構改修)基本計画・基本設計(2016-2020予定)※東京大学都市デザイン研究室として


■ 掲載

新宿三井ビルディング改修工事
『新建築』2016年3月1日号, pp.166-173,206 新建築社

新宿三井ビルディング
『ディテール』2017年第213号, pp.115-120 彰国社


■ 共著

『商売は地域とともに 神田百年企業の足跡』(2017)
NPO法人神田学会・東京大学都市デザイン研究室編、東京堂出版
第5章「老舗に読み取る神田の未来景」


■ 論文発表

Masayoshi NAGANO, Tomoko MORI, Takefumi KUROSE, Yukio NISHIMURA(2017) Urban Design Approaches Collaborating with Archaeologists in Heritage Sites : Cases of Lumbini and Tilaurakot in Nepal, 14th International Congress of Asian Planning School Assosiation 2017 (Full paper and Oral presentation)

永野真義(2018)「アクティビティ調査を通じてみる不忍池畔における公共性の諸相-東京上野地域における「聖」「俗」「もの」「ひと」「公共」を手がかりとして都市を読みとる」「カルチュラル・タイフーン2018」主催:カルチュラル・スタディーズ学会


■ 講演

2017年9月
「人間のための都市デザインとその次へ」
日中友好会館主催、青少年国際交流事業(JENESYS 2017)

2018年6月
「アーバニストの入口」
フォーカスフォーラム長崎主催「長崎アーバニストを舫おう」


■ 展示

2018年9月
「アーバニズム・プレイス展2018―都市計画の過去と未来の創庫」
主催:公益社団法人 日本都市計画学会 都市計画法50年・100年企画特別委員会 認定特定非営利活動法人、日本都市計画家協会 アーバニズム・プレイス展プロジェクトチーム


メール(スパム・メール防止のため、「@」を「[*]」に変えて表記しています。)

nagano[*]ud.t.u-tokyo.ac.jp